INTERVIEW:田中啓一 工学部出身のデザイナーとして 常に新鮮な服を|2000年

インタビュー

工学部出身のデザイナーとして、常に新鮮な服を。



工学部出身のデザイナーとして、常に新鮮な服を。

子供の頃から、視覚的なセンスを生かした仕事をしたいと思っていました。
服を作るのにも工学的なセンスが必要で、大学で学んだ知識は決して無駄ではありませんでした。

人物列伝 田中啓一 - Owl Street Journal
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


人気の記事(7日間)