NEWS:コムデギャルソンの家具 横浜美術館

ニュース 展示

The Furniture of COMME des GARCONS
The Exhibition of the Yokohama Museum of Art

1983年から1991年にかけて発表された川久保氏自らのデザインによる「コムデギャルソン ファニチャー」。
その家具たちが、川久保氏に見出されコムデギャルソン店舗で初の個展も行った写真家「清野賀子」や、コムデギャルソン大阪店 アートスペース Six で個展も開催された「中平卓馬(なかひらたくま「キリカエ」)」の作品とともに展示されているそうです。

服と一緒に店舗を飾る、什器としての役割も担ったこれらの家具は、無垢のアクリル、金属メッシュなど、既成の家具とはかけ離れた素材がふんだんに用いられて、服と同様に、コムデギャルソンが目指したデザインの方向性を強く指し示すものとなっています。






横浜美術館コレクション展 2015年度第3期

  • 場所 :横浜美術館
  • 会期 :2015年11月3日(火)~ 2016年4月3日(日)
  • 時間 :10:00~18:00(入館は17:30分まで)
  • 休館日:木曜日(2月11日(祝)は開館)*年末年始:2015年12月29日(火)〜2016年1月2日(土)*展示室休館期間:2016年1月12日(火)~1月29日(金)
  • 観覧料:一般(500円)大学 高校生(300円)中学生(100円)小学生以下(無料)
横浜駅からみなとみらい線、みなとみらい駅から看板を見ながら曲がって曲がって曲がって...美術館まで徒歩5分くらいです。



以下ネタバレになるので行かれる予定の方は見ないほうがよろしいかと。
写真撮影OK(フラッシュはダメ)なのでいいカメラを持っている人はいい写真を後世に。

2015年11月17日(火)行ってきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


人気の記事(7日間)