初期 UNDERCOVER ONE WAY TO WEAR IT

1990年代初頭、今はなき渋谷クアトロで販売されていた頃の一点ものです。
当時、お店の手伝い(バイト)?をしていた、高橋盾氏から直接購入したものです。

丸襟(ピーターパンカラー)で薄手のデニム本体、襟、袖、ポケット部分はおそらくポリエステルかキュプラ、脇下身幅51cm、着丈襟下から63cm、袖丈肩から24cm。
ボタンホールに革、ボタン自体は昔のSEDITIONARIESのパイルジャケットのようなゴムです。

襟元に
UNDERCOVER
TOKYO GIMMICKS
ORIGINAL
と、黒地に黒文字のこちらもセディショナリーズのようなタグがついています。

ボロボロですが、元からです。
氏曰く「味」です、という説明でした。
また、下にアニエスのボーダーを着るのも面白いですよ、とおっしゃっていました。

3回くらい着用後、手洗いしそのままクローゼットで安眠。
年代なりの経年劣化はあると思います。




薄いブルー本体のものと、上のものを一着づつ自らミシンで縫ったそうです(その後同じものをつくっているかもしれませんが)。

今のUNDERCOVER人気がどれほどのものかはわかりませんが、川久保玲氏と同じ精神でものづくりをしている(想像ですが)高橋氏の初期作品、ぜひUNDERCOVER好きの方に。


2013年10月23日、アンダーカバー好きの方に引き取っていただきました
ありがとうございました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


人気の記事(7日間)